タグ:旅 ( 9 ) タグの人気記事

石川県を踏んでみた

e0102806_2118282.jpg


「人生とは旅であり、旅とは人生である」
これは中田英寿が2006年W杯後、引退を表明した際に自身のHP上で発した言葉だ。この言葉は本当に本質を捉えているように思う。

旅に出ると、いつも必ず自分に付きまとうものがある。それは「不安」だ。僕は目的地以外何も決めないで出発することが多い。だから、その日その日に何が起こるのかまったく想像することができない。あえて、その状況に自分を置くことで、自分というものが試される。何もしなければ、何も起こらない。何かをしようと思えば、何でもできる。もちろん日常でもそれは同じことだけど、旅ではそのことを意識せざるおえない。

「不安」を「安心」に変えるために「安定」を求める。「安定」を求めると変化の少ない「日常」に没する。また「日常」の中で「不安」を見出し、自分を押し殺す。そのような悪循環に陥るのは怖い。人間誰もが安心を求めているのかもしれない。確かに安心というものは大切なもので、安心から幸せは生まれるのかもしれない。しかし、過剰な「安心」は危険ではないのか。「安心」は思考停止状態を招き、多くのものを見落とす可能性が高い。人は「不安」を抱えることで「考える」ということをするのだと思う。それも一生懸命に。多くのことに目をむけ、多くのことを考えるために、僕はあえて自分を「不安」の中に置くのかも知れない。
本来、生きている限り「安心」なんてものはないのかもしれない。「安定」していることが「安心」だという勘違いを引き起こし、「考える」ことを止める。日常に没するということは、こういうことを言うのでは。

旅に出ると、常に自分が自分に問いかける。
「どうする?圭太、どうする?」
その言葉は僕を苦しめ、否が応でも僕は考えざるおえない。だけど、そのことが僕を行動に移させ、僕に色々な世界を見せてくれる。人生において、絶対に忘れてはいけない部分を、旅というものは訴えかけてくる。

「人生とは旅であり、旅とは人生である」
中田英寿にとって、サッカーとは偉大なものだけど全てではない。サッカーを通して見てきた世界を、今度は違う視点から見たくなったのだろう。彼に「戻って来い」という人が多いように思うが、そんなことを言うのは彼に対する侮辱である。彼が一番大切にしていたものは、サッカーではなく自分の人生なのだ。そして、その「人生を大切にする」ことは誰もが向き合わなくてはならない部分だ。


「生きろ!広い世界を見ろ!」
と、中田英寿は教えてくれた。

e0102806_2251043.jpg


中田英寿公式サイト 
http://nakata.net/jp/
by keita-net6086 | 2008-03-15 22:07

僕は恋をした

あけましておめでとうございます
今年の初日の出はとてもきれいでした
海風がめっちゃ寒かったけどそれに耐えるだけの価値があった
素敵な一年のスタートでした



昨年一年間の最後を飾った松島への旅
僕はその松島で恋をした

心地よい温度
疲れが溶け出すような甘い香り
気持ちを揉み解してくれる空気感
そこにいるだけで心は満たされる
とても素敵な存在だった

また出会いたい
こっちでも出会えると良いな

e0102806_9451290.jpg


e0102806_945343.jpg


e0102806_9455281.jpg


e0102806_9461045.jpg


e0102806_9462563.jpg

by keita-net6086 | 2008-01-02 09:46

芭蕉が旅に出た理由

e0102806_2042633.jpg


「奥の細道」があまりにも有名になったため、その生涯を旅に費やしていたと思われがちな松尾芭蕉ですが、実のところ四十歳くらいになるまではさほど旅をしていなかったそうだ。
四十歳を過ぎて、一代の宗匠として名を立てて「芭蕉翁」などど呼ばれるようになってから、ほとんど住所不定といってもいいくらい定住性を捨てて旅から旅への生活を始めたらしい。
すでに実績を積んで名声を確立し、弟子も大勢いて、安定した地位と生活を手に入れた大家がなぜ旅に出たのか。

芭蕉は恐れたのだ。
不安のない日常に埋没し、定まった生活に安住することで、自らの創造性という扉を開く鍵が錆付いてしまうことを。
芭蕉は自分を否定し続けた。
常に過去の自分を否定し、弁証法的に新しい俳句を作り続けた。
自己否定をすることはとてもつらいこと。自己否定をするためには、非日常という新しい刺激を自分に与え続けなければならなかったのだろう。
だから芭蕉は歩き続けた。

彼を見習おう。
ということで今まさに家を出るところです。
芭蕉も訪れた場所。日本三景のひとつに謳われる場所。

松島へ。

いってきます。
by keita-net6086 | 2007-12-22 20:06

ボクは野宿が嫌い

ボクは野宿が嫌いです
蚊に刺されるし、冬だと寒いし夏だと暑いし
朝起きたら寝袋の上にトカゲいるし

けどね、それでもボクに野宿をさせるもの
ボクの行動力の源になっているものは
「好き」ってことそれだけなんだ

昨日の夕方、房総半島一周の旅から帰ってきた
めちゃくちゃ楽しかった
だけどその一方でめちゃくちゃ大変だった
35度を超える猛暑の中、逆風の中
必死になってチャリこいでる時ふと考えた
「何やってんの俺?」
誰にやれって言われたわけでもなんでもないのに
必死にこいて、汗ダラダラかいて何やってんだって

でもそう考えた2秒後には答えがでた
好きだからだ

31日からヒッチハイク
野宿なんてしたくない
でもボクは野宿をするだろう
旅が好きだから


e0102806_0181314.jpg
e0102806_0183541.jpg



















e0102806_019669.jpge0102806_0192766.jpg



















e0102806_034307.jpge0102806_0201716.jpg



















e0102806_0204545.jpge0102806_021873.jpg



















e0102806_021312.jpge0102806_0214936.jpg




















e0102806_022980.jpge0102806_022349.jpg



















e0102806_023943.jpge0102806_0232963.jpg




















e0102806_0254462.jpge0102806_026451.jpg




















e0102806_0263851.jpge0102806_0265388.jpg


















ちなみに写真が上手くアップされていないときがあるみたいなんです
ボクのPCじゃ確認できないのですが、一応今までのは直したつもりです・・・
すみません
またおかしいと思ったらコメントなりメールなりしてもらえるとありがたいです
宜しくお願いします
by keita-net6086 | 2007-08-27 00:36

四国携帯写真

e0102806_2125558.jpge0102806_21262592.jpg














e0102806_21265179.jpge0102806_2127181.jpg












e0102806_21273810.jpge0102806_2128761.jpg













e0102806_212831100.jpge0102806_21285798.jpg














e0102806_21292599.jpge0102806_2130359.jpg















e0102806_21303496.jpge0102806_2131142.jpg













e0102806_21313487.jpge0102806_21315656.jpg












e0102806_21371588.jpge0102806_21373239.jpg
by keita-net6086 | 2007-03-09 21:38

俺はやめないよ!!

e0102806_22403239.jpg

ヒーロー参上!!
また改めて写真はアップしようと思います。



今回はじめての一人旅。
四国旅。

一週間と短い期間だったので、移動に必死。
ヒッチハイクは先が読めないので今回は封印した。
その分金が・・・

寒いの嫌なので野宿は一回しかしなかった。
寒いの大嫌い。
でも冬が嫌いなわけではない。
夏のがすきだけどね。
早く来い来い夏休み。
友達んちに2泊、カプセルほてる1泊、漫喫1泊、野宿1泊、ガスト1泊かな。
また家のありがたさが身にしみた。

うどんは計7回食べた。
飽きなかったよ讃岐うどん。
君の低価格ぶりにはびっくりさ。

海がきれいよ。
沖縄とかもうわかりきってるようなとこじゃなくて、
何かこう身近に感じる海がきれいって感じで。
南国とかの空気を持ってるんじゃなくて、
わかめとか干されちゃってて日本の海って感じなんだけどきれいなわけ。
わかる?つたわる?
そう、そんなかんじ。
でもやっぱゴミが多いんだよね。
なんとかしなくちゃいけないとこですよ。

四国は日本の縮小図。
四国は小さな日本だよ。
7,8割は山、その間を縫って川が流れ、すぐに海、わずかな平地に街、その街を一歩出るとど田舎。
これぞ日本。
移動中外を見ているのが好き。
別に四国じゃなくても。
景色の移り変わりが面白い。
電車の窓のブラインドを下げるな!宣言します。

直島。
日本はこうあるべき。
もっと美意識を持つべき。
島がひとつの美術館、いや美術島とでも言いましょうか。
自然との調和を意識する。
自然に反するように見えて、それは調和している。
最近気づいたけど芸術活動の目的は伝えること。
決して自己満足の世界ではない。
そのことについてはまた違う形で・・・
とにかくそれが直島では感じられる。
地中美術館。
僕の知る中で最高の美術館でした。
直島にあります。
それと男より女の子のほうが美意識って高いのかなって思う。
そのことについてもべつの形で・・・

とりあえず俺はやめません。
自由を、熱さを。
そして抵抗し続けます。
冷めることに、
型にはまることに、
排他的になることに、
自分を抑えることに。
by keita-net6086 | 2007-03-04 23:57

Hey,Keita! Where are you going?

そうきかれたら、こう答えてやります。
「I don`t know」

四国行ってきます。笑
実は初めての一人旅。
まあ何とかなるっしょ。
あばよ!

e0102806_1665750.jpg

by keita-net6086 | 2007-02-24 16:07

チャッ、チャッ、まぐろぉ~

僕は聖母が降臨する瞬間を見た
その聖母の名は通称イクちゃん
そして、彼女はこの旅での主役となった
e0102806_13322560.jpg




e0102806_13324571.jpg







e0102806_13331057.jpg





e0102806_13342614.jpg









e0102806_13343788.jpg





e0102806_13344947.jpg











e0102806_133539.jpg





e0102806_13351512.jpg
by keita-net6086 | 2007-02-08 13:36

ノリで乗り切っちゃった三日間

1台の車に男女八人が乗り込み鳥取砂丘へと旅立った。
僕も含め4人は使い物になりません。
ドライバーのみなさんお疲れした。
色々なことがあった旅でしたが、最後にはめっちゃおもろかったと言うことができました。
この旅は自然に感動しつつあとはノリでなんとかしちゃった感じです。

鳥取へはおよそ11時間(だっけ?)。
この間、車の中でどう時間をつぶすか?
それがこの旅での1つの大きな課題でもありました。

そこで活躍したのがムードメーカーのAずまさん。
いくつものくだらない遊びを提供してくれました。
さんきゅーです。Aずまさん、結構好きっすよ。

Aずまさん「じゃあ、ケータのいいところを挙げてこうよ!」
       「ケータは・・・笑にきびしい」・・・ それ、いいところっすか?
Kぐみ「ケータは・・・日本の将来に必要!!」・・・でかすぎっしょ。
Aいちゃん「ケータは・・・自分が強すぎて私が負ける。」・・・うるせーよ、ってか己の問題か!

くだらなさは伝わりましたか?
けどノリで結構おもしろくなっちゃうんです。

そんなこんなで休憩をとりつつ、無事15日の朝方に鳥取に到着しました。
鳥取砂丘はまあ言うまでもなくよかった。
ただ、思ったより砂丘が小さかったのと雨が突然降ってきたのだけが予定外でした。

雨にうたれた僕らは銭湯へ向かい冷えた体を温めて、
漁港へ行ってかにを食べ、
ホテルへ行ってぐだつきました。

その後の夕食はどこで食べるか色々と検討しましたが、結局東京でもお世話になっている土間土間に落ち着いてしまいました。
僕はこの土間土間がこの旅の裏メインなんじゃないかって思ってます。
僕らのテーブルの接客をしてくれたノゾミンのその名前とはかけ離れた容姿に敬意を表しつつ、皆楽しく気持ちよくお酒を飲みました。
そして僕はその空気に飲まれ、記憶を失いました・・・
ホテルまで運んでくれてありがとう、そしてごめんなさい。
Aいちゃんは「アレでケータの株が上がったよ」と言っていましたが意味分かりません。
確認できたのは僕はAずまさんが結構好きという事だけ。
それだけ。

二日目は砂丘に別れを告げてDいすけさんの「行っちゃう?」の一声で三佛寺投入堂へ向かい山のぼりをして絶景と紅葉を満喫しました。
Aずまさんは革靴でツルツル、Mりこちゃんは山道にあたふた、Y田さんはブーツで足首をやられ、Aゆむはデジカメの電池をなくし、AいちゃんとKグミは服装にNGがでて門前払い。
険しい山道をポケットに手を入れながら登り、絶景を前にしてオナラをしてしまうDいすけさんにすべて持っていかれた感じでした。

その後再び、Dいすけさんの「行っちゃう?」の一言で姫路城へ向かい、さらに「行っちゃう?」の一言で京都・清水寺へ向かい帰路につきました。

最後に大事件。
車中にカラオケで盛り上がること間違いなしのチャゲアスが流れたとき、みんなわかってるよな?てきな空気が流れました。そう、あれですよ。やーやーですよ。
その空気をいち早く感じ取ってしまったのがドライバーのDいすけさんであったのが失敗でした。
Dすけさんが誰よりも早く右のこぶしを天へ突き上げたその瞬間、100kmオーバーで走行する車は大きく右へそれ、急にハンドルを左に戻したあげくの果てにブレーキとアクセルを踏み間違えたために車体は大きく左右へぶれ、それは死を覚悟させるほどのものでした。
みな思い出が走馬灯のごとく浮かんだそうです。
死因がチャゲアスじゃシャレになりません。
車が事故でめちゃめちゃになっても事故現場にチャゲアスが流れていそうで怖いです。
生きていてよかった。


本当に濃く、中身の詰まった三日間でした。
矢沢風にこの三日間を総括すると
「まぁ行き当たりバッタリって感じなんだけどさ、これがおかげさまで結構楽しいわけ。雨と降っちゃったりしてさ、あれはまいったよね。でもそういのがあるから旅なんだって、俺感じるわけさ。youたちも一度はやってみるといーよ。」
永ちゃんは永久に不滅です。
また、どこかへ行きたいですね。
by keita-net6086 | 2006-11-19 13:06