タグ:哲学 ( 21 ) タグの人気記事

2012年6月28日(6月前後半合併号)

e0102806_1873958.jpg



天候が安定しない日が続き、
体調がすぐれない友人が周りにちらほら。
そんな中、僕の体は何故か絶好調で、
やるべきことが沢山あるので、気持ちばかりが切羽詰っているような毎日です。
教育実習を言い訳に、6月前半の記事を投稿しはぐってしまいました。
だらしないですね。
月2回更新を決めてからの1年で初めてのことです。
まあ、1年間自分ルールを守ってよくやりました。
これからも気を引き締めて続けます。
そんなわけで、「6月前後半合併号」と題し、今月を締めくくりたいと思います。
ちょっと長いかな。
6月末の更新です。



e0102806_1873951.jpg




教育実習



渡辺先生と呼ばれ続けた3週間、
「先生」と呼ばれることに喜びを感じたり、罪悪感を感じたり。
いつだってそのバランス感覚が必要で、
どちらに胡坐をかいてもいけないのだろう。

何て狭い世界で、途方もない程の可能性を育てているのかと思った。
生徒は生徒にならなければならないし、
先生は先生にならなければならない。
「学校」という柵に閉ざされた意識は、
そこに人間的な魅力さえ失われている時があった。

きっと、あっけらかんとした人間らしい言葉や表情を使えば、
簡単に飛び越えられる小さなハードルを、
狭い世界でのルールを重んじるがあまりに、
自分の脚力の使い方まで忘れてしまって飛び越えられないようだった。

高校生はおそらく、僕たち以上に多くのポーズを取っている。
彼らは理解力はあるけれど、まだまだ言葉にすることが苦手で、
人を説得したり、納得させたりする手段を経験的に身につけていない。
だから、思いを大人に伝えられないもどかしさに苛まれ、
ストレスに対する自己防衛的な行動(ポーズ)を繰り返すのだと思う。

生徒も、先生も、
解放されない心のストレスを、色々なポーズでごまかしているかのよう。
学校の中に、もっともっと人間らしい姿を求めてもいいんじゃないか。

そのために絶対的に必要なことは、
生涯をかけて自己実現を目指す教師の姿だとおもった。
はっきり言って、生徒はその姿を見ていればいいと思う。

ずっとずっと、
死ぬまで僕たち人間は学習することで、
ずっとずっと輝いていけるのだと信じたい。

生徒も教師も、
勝手に諦めるな。
できるかできないかではなくて、
やるかやらないかだよ。

世の中はきっと、
僕たちが思っている以上に寛容で、
柔軟で、
シンプルだと思う。
勝手に難しくしているのは僕たちで、
何故か大人はそのややこしい難しさを子どもに押し付けたがる。

そんなことをする前に、
学習しろ!
大人も子どもも学習しろ!

きっとそうすることで、
つまんないことを考えなくなる。
柵なんて越えられる。

教育実習を終えました。




e0102806_1883864.jpg





取手市親睦ソフトボール大会2年連続6か7回目の優勝




大学生の頃から、毎年6月の恒例行事ソフトボール大会。
もちろん今年も出場、そして優勝。
今年ほど気持ちよく、優勝した年はないんじゃないかな。
いや、楽しかった。
それにしてもやはり地元は楽しい。
夜中にいきなり、何故か高速のサービスエリアにラーメン食いに行ったり、
寿司食いに行ったり。
25歳を過ぎて、みんなそこそこ生活が安定してきて(僕は落ち着いてない)、
どう遊んでいくかを模索しているよう。
まあそんな話は抜きにして、
チビの時からの友達は、何だか代えがたいものを共有していると感じた時間でした。




e0102806_1899100.jpg





ピエロの筆




春にピエロの筆復活第一弾企画「やりすぎピクニック」を終えた直後から、
ピエロは8月のイベント出展に向けて既に動きだしていました。
今はそのミーティングを重ねていて、いよいよ制作に入る直前といったところ。
ミーティングも大詰めです。

「つくる」ことに対して、純粋な気持ちを、熱い気持ちを恥ずかしげもなくぶつけられる場所であるピエロの筆。
妥協は許されない場所だけど、究極の遊びであるが故に、何だかもの凄い安心感を得られる場所でもある。
たぶん、5人で集まると自分の好きなことに対して「素直になっていいよ」という空気が充満しているんだよね。
だから、ピエロの活動が自分の活動の精神的支えになってたりもする。
いやいや、身内ネタ気持ち悪いですね。笑




e0102806_1894458.jpg





絵を描かなきゃ




教育実習が終わって、いよいよ怒涛の制作の日々です。
2か月で目標10枚。
普通に考えたら、無理です。
でも、普通の感覚じゃ無くすればいいんでしょ。
バカになればいいんでしょ。
徹底的になってやりますよ。
変態野郎に。
さあ、勝負ですな。
今までで最も手ごわい自分との闘いになったりして。




e0102806_18101691.jpg





人生は意外と長いことに気づく




10代~60代まで幅広い年齢の人達と話をする。
〝礼儀〟と〝共感する姿勢〟と〝自分の明確な価値観〟をもってすれば、
どんな年齢の人とだって会話を楽しめる。
そういう会話が、自分をどんどん柔軟にしていって、色んな人から色んなヒントを貰えたりする。
そうやって、色んな人から色々ヒントをもらって、柔軟に考えられるようになればなるほど、
限定的で閉鎖的な言葉が嫌いになる。
例えば「絶対無理!」「どうせ~」とかね。
自分をそうやって守っていたいくなる気持ちはよくわかるけど。
社会に出ると気づく。
「意外と世の中って、自由だな。」と。
たぶん大学生くらいまでは、気づきにくい。
何だか学校でよくわからん大人たちに、よくわからん社会を押し付けられてきているから。
そうやって20代前半まで生き急いできた結果、宙ぶらりんな気持ちが心のどっかにあって、
よくわからない虚無感に襲われる。
それから子どもを育て、一人前にした後に残るのが、自由すぎる時間。
例えばそれが50歳だとして、うまくいけばあと40~50年は生きられる。
50年って。
どうしようって感じですきっと。
さあ何しよう?笑

人生は意外と長く、自由だ。

このことを20代でしっかりと認識しておかないと、人生もったいないことになっちゃう気がする。
焦ってる周りの若い人たちは、おっさん達が足並みそろえて言っている、
「若いうちに好きなことを好きなだけやれ!」
という言葉を重く受け取るべきだと思う。
おっさんたちが取り返せない時間を、僕たちは責任を持って生かしていくべきじゃないかと思うんだ。
だから、
勝手に諦めないで、やりたいならやってみる。
それだけで、もしかしたら人生楽しめちゃうかも。
そんなお話しでした。







6月合併号、この辺りで失礼します。
6月前半、楽しみにしていてくれた人がいたらごめんなさいでした。
今後、気を引き締めて月2回更新を続けていきたいと思います。
それではまた、7月中旬に。
ではでは
by keita-net6086 | 2012-06-28 18:12

2012年3月19日(3月前半)

e0102806_7185748.jpg


3回生が終わって一か月が経ちました。
いよいよ学生生活最後の一年が始まります。
この一か月、3回生を無事終えることができたことで少し気が緩んでいました。
しかし、常に気を張っていた一年が先にあったので「これもまあいいか」と後悔ではなく次への糧として受け入れることにします。
さあ、この一年も気を引き締めていきます。
この一年はどこまでいけるのか。
この一年は何が起こって、どんな変化があるのか。
気温とともに、僕の気持ちも上昇していきます。
来年の今頃は気持ちよく卒業できるように。
少し遅れましたが3月前半の更新です。



e0102806_7424477.jpg




また帰った



2月末に地元に帰って、2週間後に再び地元に帰りました。
予定がうまくかみ合わず仕方なく。
効率悪い。笑
しかし、僕の大好きな地元のホームセンター「ジョイフル本田」で画材など大量に買い出しできたので良しとしますか。

e0102806_74741100.jpg


今回、地元をプラプラと車で走り回っていたのです。
ロケハンも含めて。
地元といえどやはり知らない場所は沢山あるわけで、いい場所を発見できた時の喜びはたまりません。
僕は「可能性」が好きなのです。
何かできそう。
そう思わせてくれる場所、もの、人もそうです。
ワクワクをくれる可能性に満ちたもの。
素材感の強いもの。
そういったものに強く惹かれます。

e0102806_7513519.jpg


どんどん元気を失っていく僕の地元ですが、可能性は沢山あります。
本当に、地元で何かできたらと思う。



e0102806_7544720.jpg




パスタのポイント



シェフが言っていました。
「素材のダシをしっかり出して、ちゃんとソースを作ること。」
パスタだけでなく料理全般に言えること。
素材を理解して調理する。

e0102806_7594366.jpg


固いもの、柔らかいもの、アクの強いもの、生で食べれるもの、食べれないもの、香りの強弱…
ここでどうしたらいいのか。
それをしっかりと考える。
調理先行でなく、素材先行。
こっちの考え方のが好きだ。



e0102806_823526.jpg




説得力


自分の意志を貫きたいのなら、必要不可欠な力だと思う。
多くの関係の中で、多くの関係に支えられて生きていることを自覚して。
それでも、自分の最良の選択をその関係の上にのせていく。

説得力

僕は人を説得し、納得・理解してもらえた経験はある。
その経験からの気づきは、説得力はけ決して「言葉力」ではないということ。
説得力とは言葉を支えるものであって形のないもの。
言い換えれば「人間力」と言えるかもしれない。
経験、実績、行動、言動、仕草、体型、顔、目…
その人間丸々全部が説得力の要素となる。
そんな当たり前のことに気づけば気づくほど、
他ではなく、自分に対して厳しくならなければならないのだと感じる。
たとえば、
「Love & peace!」と叫んでどれだけの人を納得させることができるのか。
僕はまだ、片手で数えられるくらいの説得力しか持ちえない。




3月前半、遅れた上に記事消化不良。
引き締めます。
こっからこっから!
ではまた月末に。
by keita-net6086 | 2012-03-19 08:36

大人と子ども

最近すんごく思っている。
少し前まではいつかはみんな大人になるのだろうと信じていたけれど、
それは確実に間違っているのだろう、と。

大人とか、社会人とかの定義なんてわからんし、曖昧だと思う。
誰に説明されても納得なんてできそうにない気がする。
そんな言葉をえらそうに使っている人間もあまり好きではないし。
そんなよくわからん定義は「要は自分次第ジャン!」って思ってたし。
だから、オレは学生のときから社会人だという自覚は持っていたつもりだし。
就職したら大人、社会人なんて絶対嘘だし。
そんなんだったら就職=大人、社会人になっちゃうし。
一般的に「社会人」といわれていても、子どもみたいな人沢山見てきたし。

だから、僕は「大人」「社会人」という言葉が嫌い。



でも一方で、「大人」「社会人」はいると思っている。
てかそう感じる人は何人もいる。
定義なんてそっちのけで。
矛盾してるかもしれないけれど、俺はそういう人が好きだし尊敬もする。


高校生にも、中学生にも、小学生にも「大人」はいるし、
じじい、ばば・・・おじいさん、おばあさんにも「子ども」はいる。


結局、年齢なんか関係なく、「大人になれる素質があるかどうかの問題」、
なのではないかとつくづく感じるの今日この頃なのであります。

そういう僕は「大人になれる素質」があるのかどうか・・・
あればいいなとは思うけれでも、それを判断するのは僕ではなくて周りの人たちなので、
できるだけ謙虚に、ヨイショして生きていこうと思いました。
嘘です。
そういう問題ではないのですね、はい。

ではさようなら
by keita-net6086 | 2009-08-02 22:28

今こそ、なぎら健壱を。

本気と書いて、マジで。

e0102806_221649100.jpg






e0102806_22213227.jpg

by keita-net6086 | 2009-05-19 22:21

偉人の言葉

e0102806_11291460.jpg

ブルース・リーが言っていた。
「人間には2つのタイプがある。1つは死ぬ間際になって慌てて自分の墓を探し回るタイプ。もうひとつは始めから墓石に名前を刻んでいるタイプだ。」


e0102806_11293964.jpg

宮崎駿が言っていた。
「個性個性ってみんな言うけど多くの人が勘違いしているんですね。誰も持っていないような個性を取り上げて有り難がるのが大切なのではなくて、どれだけ多くの人と共有できるものを持っているかが大切なんですよ。その先に個性っていうものがあるんです。」


e0102806_1130475.jpg

ジョン・シャヒーン(OSS特殊計画部長、現在は裕福な石油事業家)が言っていた。
「ハッピネスというのは、そんな仕事で勝った負けたなんていう問題じゃないんだ。ハッピネス、そう、人生で問題なのは、金儲けとか自分だけの幸せだけじゃなく、どれだけ多くの人に価値のあることをやったかなんだ。」

書籍 「豚の人生 人間の人生」 落合信彦著 より
by keita-net6086 | 2008-08-11 11:32

なぜ人を殺してはいけないの?

e0102806_230164.jpg



「なぜ人を殺してはいけないの?」
と聞かれたら皆はどう答えますか?

みんなの頭の中には答えがいくつか浮かんだと思う。
各々のその答えはほとんどすべて間違ってはいないと思う。

ボクはこの質問をされたら10個以上は人を殺してはいけない理由を答えられると思う。
だから20歳前後になってこんな質問をしてくるやつがいたら、
「こいつは人を殺したいのかな?」なんて思ってしまう。

こんな突拍子もない質問をしてくるのはきっと小学生や中学生だろう。
その世代にどう答えるのか。
難しい問題。

先に言ったけど殺してはいけない理由なんていくらでもでてくる。
その中の1つを取り上げて答えても何にもならないわけで・・・

重要なことは「いけないものはいけない」と教える、意識に根付かせることだと思う。
それでは納得しないでしょ?と思うかもしれない。

けど理論立てて人を殺してはいけない理由を説明して、
「あっ、だから人を殺しちゃいけないんだ。」と納得する子供が増えるってどうなの?

なぜ電車の中で電話しちゃいけないの?
なぜゴミをポイ捨てしちゃいけないの?

上手いこと説明しなきゃ納得してやめないような人間が多い社会なんてボクは素敵だとは思わない。
そもそも人間が説明できてしまうものなんて・・・

理屈じゃない、言葉じゃない。
説明できない部分が一番説得力があると思う。



なんて考える今日この頃。
by keita-net6086 | 2007-05-07 23:36

ルフィになりたい

えっ?大丈夫お前?大丈夫。ボクは正常です
普段が正常じゃない?少なくともいつものボクです

ルフィになりたい

そう思います

うちの家庭は間違いなくお金持ちでない
ごく普通の公務員のオトンと普通のオカンが築いたごく普通の家庭
父、母、兄、ボク、犬です
でもね
ものすごく豊かな生活をしていると思う
これ以上の生活なんて望みません
そういった環境で育っている

自分で学費を稼ぐ友達がいる、自分で家賃を払う友達がいる
自分で定期を買う友達がいる、自分で携帯代を払う友達がいる

自分の意思であれ家庭の問題で仕方なくであれ
立派だと思う

けどね、生まれた環境は皆違う
俺だって発展途上国に生まれれば家族のために働いていると思う


回りくどいね
要はそんな幸せな環境にいて俺は何やってんだってこと

常々思っていたけど俺はバイトをしてる暇なんてあるのかな?
ちょっとバイトして自分の小遣い稼いで自立した気分に浸る
結局帰ったら用意された食事を食べて、暖かい部屋で寝るんでしょ
働くことが嫌だからこんなこと言ってるんじゃない
実際、俺バイトしてるじゃん
学校行って、バイト行って、バイトのない日は寝てるか遊び
気がついたら就職活動
こんな糞みたいな学生生活は送りたくないだけ
なんのために大学生は時間があるのさ?


「君が今ほんとに頑張ってることは何?」あるバイトの面接でこう聞かれました
答えられなかった
よく皆に「熱いよね。」なんて言われるけど全然熱くない
やりたいこと、好きなことをやっているだけ。頑張ってなんていない
もちろん好きなことに対してはまじめに取り組んでいる
けど頑張ってなんていない!!

君に武器はありますか?
ありません。
即答です。
俺は何してんのホントに?

幸いなことにボクにはまだ大学生活が2年残されている
幸いなことにボクは豊かな家庭で育っている

ルフィも漫画で見る限り豊かな環境で育っていた
でもルフィはその環境を無駄にしなかった
海賊王になるために

改めて言うけど正常です。ふざけてません
ボクは完全にこの幸せな環境を無駄にしている

やめようと思うこんな学生生活。抜け出そうと思う
もぉ少ししたら両親にちゃんと整理して俺の気持ちを伝えようと思う
俺が何を目指して何をやっているかもわからずに学費を出し、飯を食わせてくれる
本当に頭が下がります

最大限にこの環境を生かそうと思う
「やめとけ!死ぬぞ!」
「死なねえよ。」
と言える人間になるためにね。

長くてごめんなさい。
ルフィになるぞ!!
by keita-net6086 | 2007-04-19 00:28

流行にのってこんかったボク

ボクはこれまで一大ブームを巻き起こした物にあまり触れてこなかった
幼いころを思い返しても・・・
僕等が第一世代と言えるだろう
「ポケットモンスター」
どこへ行っても売ってない
「たまごっち」
技を競った
「ハイパーヨーヨー」
改造に勤しんだ
「ミニ四駆」

あぁ、懐かしい・・・
違う違う。
これだけでは無いがこういったもの達に熱を入れてこなかった人なの
「なの」ってちょっとかわいいな・・・
触れては見たものの正直面白いとは思えず即おさらばしていた
ボクのはまったものはサッカー、釣り、絵を描くこと
・・・昭和か!

別に俺は流れに流されない男だぜ!的なことを言うつもりは無い
TDLでも2時間待ちますから。

言いたいのはそんな人間だから見えたものがあるってこと

最近祖父の通夜の写真を焼いた
それを家族に見せたところ
「やっぱ普通の人には白黒よりカラーの方がいい、別に芸術みたいなもの求めてないから」
正直この言葉には腹がたって2時間写真について語ってやろうと思ったがやめた

よく考えて
圧倒的にカラーのほうが芸術的でしょ
モノクロ写真しかなかった19世紀
印象派を筆頭にどれだけ鮮やかに色を表現し、求めたことか

カラー写真が普及したこの時代
当たり前になったその意識
「写真といえばカラー」
専門的なものが芸術的だなんて考え間違ってるから
モノクロの時代が長く続き訪れたカラー時代

新しい物に完全に飲まれてしまう人々
それに執着し、それがいいものとし、過去を捨て、忘れ、
溜まりに溜まったゴミの山

使える携帯を買い換える

使えるCD、MDウォークマンを捨て、ipodを買う

売り手の思う壺
別に悪いことだとは思わない

けど、ちょっとだけでいいから時代の流れに逆らってみませんか?
面倒なのは承知でボクと一緒にCDウォークマン使ってみませんか?
携帯を寿命まで使ってみませんか?
いきなりだけど自転車に乗ってみませんか?

便利、人気のあるものを客観視する
「さぁ飛びつけ」とニヤニヤしている開発者、企業を馬鹿にしてやる
過去のものを見直してみる
これも一時代に過ぎないんだと冷めてみる

いいことは無いかもしれない
けど少しくらいは見えるものもあるはず
それは個々のものだから言及しない

ぼくは見えました
自分の進むべき方向も
21年間生きた僕が教えてくれました

誤解しないで
好きなものは徹底低に好きでいいと思う
流行ったものがめっちゃ好きならそれでいい


流行にのってこんかったボク
でした
by keita-net6086 | 2007-03-17 01:39

宝箱、宝島、嶋大輔

東京をプラプラした
浅草、上野、谷根千、青山、渋谷、六本木、巣鴨、御茶ノ水、神田・・・
疲れた
でもそれ以上におもろかったけど
下町歩いたときは新発見が多かった
てか今まで気づかなかったとこを探しに行ったんだけどね
美術館とかカフェとか歴史が刻まれたとことか色々
「谷根千では必ず誰かに話しかけられる」
という伝説は今回も当たり・・・

青山、渋谷周辺の地図は大体頭に入った
ある友達が地図いらずの男になりたいって言ってた
かっこいい
と思い俺も目指すことに
単純だかんね俺

六本木はヒルズは無視
国立新美術館行った
「20世紀美術探検」見てきた
ナゲーよ、2時間以上かかったよ見んのに
写真、彫刻、絵画、工芸、デザイン・・・
とらわれないあらゆる形のアート
変態だ
変態たちの作品がいっぱだ
変態がやらなきゃおもしろくない
変態たちの作品を見て変態なこと考えるの好き

巣鴨、ばあちゃんばっか
ばあちゃんに混じって嶋大輔とマナカナ発見
嶋大輔、でかい!いろんな意味で
あの年でツッパってるだけのことはある
マナカナ、テレビで見てたほうが無難
普通の女の子

神田、御茶ノ水は浪人時代通っていたにもかかわらず知らないとこばっか
勉強に集中してたからね
ね?
ホントだよね?
古書店街を歩き、ニコライ堂、湯島聖堂、神田明神を拝み、飯屋探し・・・
入った中華屋、失敗
古書店街にいろんな店あった
一見普通なのに入ってみるとアイドルの写真集しかないとこ
子供の児童書しか置いてないとこ
明治くらいの本から最新号の雑誌まで置いてるとことか
本の宝石箱やぁ~
またいこ

東京はでっかい宝島
探せば色々出てくる
せっかく東京に通うんだからもっと色々見てみよ
そうさ~いまこそ~あどべ~ん~ちゃ~
by keita-net6086 | 2007-02-01 17:13

明日の反省 1月23日

「出力の多い人は入力が多い」

出力の多い人ってカッコええし憧れる
きっと入力が多いから引き出しも沢山あって
で机の上で自分なりに整理してから出力するんだ

入力しないで出力の多い人はきっと天才であって
僕はそん天才ではないわけで
だから僕は無理やりにでも入力の天才になって
汚い机の上で整理して
いっぱい出力したいと思う

なんてったって目指すところは教壇ですから。
あはは、
うふふ。
e0102806_14224065.jpg

by keita-net6086 | 2007-01-23 14:22