タグ:告知 ( 8 ) タグの人気記事

2012年7月14日(7月前半)

e0102806_1242423.jpg

暑さも増す7月ですね。
アイスコーヒーがおいしい季節になってきました。
いよいよ本格的に切羽詰ってくる7月後半に突入するというとき。
僕は比較的落ち着いてこの時期を迎えています。
おそらくここから8月いっぱいは学校とイベントの怒涛の日々を迎えるため、
あっという間に過ぎ去っていくことでしょう。
精神的に負われることなく、前のめりに。
しなやかに、やわらかく。
自信を持ってこの夏を乗り切っていこうと思います。
7月前半の更新です。





e0102806_12133932.jpg






ひかり祭り




いよいよあと半月と迫ってきているひかり祭り
e0102806_12163540.jpg

ピエロの筆は全力で制作に取り組んでいます。
夏真っ盛りの野外フェス。
皆さん、是非遊びに来てください。





e0102806_12182885.jpg






メイキング





僕はメイキング映像を見るのが好きだ。
作り手の表情を見るのが何とも刺激的で、作品はもとより作り手の人生観を覗くことができるからだ。
最近、自分の絵画制作中にジブリのメイキングをよく流している。
コクリコ坂のメイキングである「ふたり」と「もののけ姫はこうして生まれた」である。
これらを制作中に流していると、一緒に作っている感覚を覚え、何だか励まされる。
とてもいい制作時間を過ごす手段となっている。

しかし、宮崎駿はストイックだ。
こんなジジイ達が死に物狂いで世の中を生かそうと表現活動に取り組んでいて、
髪の毛が真っ白になっても自分を追い込んでいるのに、
20代の僕たちが快楽だけを求めて街の中を徘徊していてはダメだろう。
立ち上がろう。
そう思う。
そう思わせてくれる作品だ。






e0102806_12271912.jpg





貧乏になったって




いいや。
今は貧乏でいい。
買っても買っても画材が必要。
画材はどれも高いけれど、
今はそんなこと言ってられない。
貧乏だからできることを必死でやろう。
考えよう。
その方が、たぶん後々の人生楽しい気がするから。





e0102806_12301992.jpg





面白すぎてはいけない




ひかり祭りを前にして、絵の制作に勤しむ日が続いている。
なかなかピエロの制作に携われないことにもどかしさを感じている。
それに加えて、ひかり祭り直前は京都の学校に行かなければならない始末。
なんてこった。
そんな感情を抑えつつ、僕は絵の制作に集中しなければならない。
これまで既に、驚異的なスピードで数枚の絵を仕上げている。
沢山絵を描く。
学校の課題として描かなければならないものを中心に、個人的なものも含め、
ぼくはこれまであらゆるモチーフを描いてきた。
幼いころから振り返れば、落書きから漫画の写し、一端の作家ぶった作品まで、
本当に数多く筆を動かしてきただろう。
美術館にもよく足を運び、多くの作品を観たし、数多くの画集にも目を通した。
つまり、見ること・描くことを繰り返す、いわゆる絵画体験を数多くこなしてきたというわけだ。
そんな数多くの絵画体験が、最近になって僕にもたらした1つのヒントがある。
それは抽象的な感覚である「良い」作品をつくるうえでの重要なヒント。

面白すぎてはいけない。

ということだ。
これは絵の画面、つまり描かれる内容の話。
面白さを追求しすぎると、絵の内容が観念的になってしまう傾向がある。
要するに、頭を使いすぎているということ。
頭の中で絵を完成させすぎてしまって、それは、そのモチーフが持っている美を軽視してしまいがちになる。
完成図、自分の勝手な目的にに向かって、周りに目もくれず画面に突進する。
これではなかなか「良い」作品にはならない。
「良い」なんて本当に抽象的なものは、実はもっともっと地味なところにあって、
そこを汲んでいない作品は、独り善がりでしかない。
大事なのは、「上手さ」でも「面白さ」でもなく、

多くの人が共感しうる「地味さ」なんだ。

多くの人は玄関を出るときに、自分の地味な部分、影を家に置いていく。
それは悪いことではなく、家で精一杯地味なことをことをしているから、
玄関をでて人に笑顔をみせられる。
光と影、明るい部分と暗い部分は表裏一体で、
人はそうやって、暗い部分のおかげで明るい部分を際立たせることができるんだ。
太陽が明るく照っているだけの絵は、もう皆知っているんだ。
太陽を描くなら、夜や月の存在をしっかりと包括して描かなくては「良く」ならない。
共感ができないんだ。
上手いだけでも、面白いだけでもダメ。
地味な部分。
暗い部分をちゃんと表現しないと。
そうやって僕たちは生きているんだから。






これから、増々忙しさを増していきます。
しかし、それは楽しい毎日でもあります。
「今」「ここ」。
それではまた7月後半に。
ではでは
by keita-net6086 | 2012-07-14 12:56

2012年4月17日(4月前半)

e0102806_16521056.jpg


桜が終わります。
桜が咲くのを機にぐんぐんと気温が上昇していって、春を忘れて夏がきます。
一年前の桜をあまりにもはっきりと覚えていることに、何となく罪悪感を感じます。
この一年の間に起こったこと。
この一年の間に変わったこと。
それらを全部リセットするように、桜は毎年咲きます。
僕が生きている限り、この先もずっと一年おきに桜は咲いて、
その度に僕は一年前の桜を思い出して、罪悪感を感じるのだと思います。
一年間何やってたんだって。

何だか暖かさとともに、「やらなきゃ、やらなきゃ」という焦りが生まれ、
計画的にやれば何も問題ないことでさえ、不安を感じます。
でも、このくらいの気持ちでいる方がいいのかもしれません。
「臆病であれ」
という、どこかで聞いた言葉に妙に納得したのを思い出します。
最近は、こんな感じです。

それでは、4月前半の更新です。



under the post



僕はこのブログのおかげで、自分を確認できている。
月2回更新を決めてから、間もなく1年が経つ。
1年前、それまで吐き溜めでしかなかったunder the postを捨てた。
自分で規律を作ったことで、それまでよりもずっと自分がわかってきた。
外部に発信されることを意識して、日々自分が感じたことを出力すると、
客観性を持たされたその文章は、もう一人の自分を形作ってくれた。
可視的にもう一人の自分を見ることが、どれだけ大切かを、このブログが教えてくれた。
あぁ、俺ってこんな人間なんだ。
それを知ることは、これからどうしていけばいいのかを僕に教えてくれる。
自分に何かを課すと、何かが返ってくることを学んだ。
ただ、わざわざこんな自分勝手なブログを見てくれている人には、申し訳ない気持ちでいっぱいだ。
その分本当に感謝しているし、今見てくれる人に見てもらえれば僕は本当に満足だ。
こんな自己中心的な内容のブログを宣伝するのは違うし、そんなことはしたくもない。
何が言いたいかっていうと、見てくれている人ありがとうってこと。
これからも細々と続けていこうと思います。
改めて、よろしくお願いします。



e0102806_16581648.png




やりすぎピクニック



ピエロの筆復活第一弾企画「やりすぎピクニック」が今月28日に行われる。
メンバーそれぞれやるべきことがあるのに、時間を見つけて毎週ミーティング。

e0102806_170845.jpg


バカみたいな話だけど、そうしていると何故か自分のやるべきこともはかどってくる。
ピエロの筆は、もはや自分にとっての潤滑油になっている。
この気づきは、僕の人生においてどれほど大きいものなのだろう。

ピクニックに参加してくださる皆さん、思いっきり楽しみましょう。



e0102806_1705465.jpg




いい意味で自分を捨てれば、何からでも学ぶことがあると知る



朝まで話し合った友人は、僕より8つも下の19歳。
彼女は人生で初めて、人間関係で苦悩していると言った。
自分の言葉は、自分の立場と価値観から発せられるから、どうしても自分を肯定的に話してしまうことを前置きに、彼女は精一杯客観的にそのことを話してくれた。
僕も彼女の話す目、しぐさ、声のトーンに気を配りながら、できるだけ客観的に話を受け止めようと努めた。
人間関係というのは、お互い様だと僕は思っている。関係を築いた上では、ことの善悪はほとんど無いように思う。
「色んな人がいる」という概念をあくまで肯定したいならば、そう言わざるを得ない。
しかし、そうは言っても過剰な振る舞いの人間と付き合うことは、心労を抱える一つの重大な要素となる。
彼女は、今まさにその状況下にあった。
動かしている口元から、目に視線をうつすと、うっすらと涙を蓄えており、それがこぼれぬよう、顔を少しあげて話す彼女の姿に、意志の強さと、繊細な心が表れていた。
なぜか僕の目には、そんな彼女の姿が美しく見え、ストレスがなければ200年は生きることができる人間の生命に虚しさを覚えた。
悩んで、苦しんで、泣いて、楽しんで、騒いで、笑って、200年など待たずに死ねばいい。

「価値基準を自分の内側にしっかりおくこと。
つまり、他人の価値観の中に価値を見いだすのではなく、自分の心がいい状態にあるにはどうすればいいのかを考えること。
それができれば、他人にとって価値のあることができるということ。
だから、人のせいにはしないで、自分について一生懸命ゆっくり悩んだらいいということ。」

これは、僕から彼女に伝えたこと。
朝方に別れたあと、彼女から届いたメールにはこう綴られていた。

「色んな人と話して、意見を聞いて、自分を見つめ直そうと思う。ゆっくりと落ち着いて。」

人間関係のトラブルを、自分に還すことができた19歳。
彼女は充実した人生を送っていくのだと思う。

人の間で生きていれば、それだけで何かしらの問題は起こる。
心のいい状態がずっと続くはずもなく、悪い状態がずっと続くはずもない。
成長というのは、そういう自分の中の波の大きさを理解して、その波に上手に乗れるようになることなのかもしれない。
でもこれは、なかなか難しい。
僕たちは人も含めた環境の中で生きていて、自分の内側にある波は環境の影響で想像できないくらいの高さに達することもあるから。
どれだけうまく自分の波を乗りこなせても、自分が経験したことの無い波に乗れる人はいないだろうから。

19歳に色々なことを教えてもらった夜でした。



e0102806_1785742.jpg




真ん中を知りたい



僕は自分の知らないことほぼすべてに興味がある。
ただ、それら全部を知ることは不可能だし、それをやろうとすればするほど、つまらなくなってくるものだということもわかってる。
だから、特定の立ち位置から全てのものに共通する真ん中を知りたい。
そのためには、おそらくその特定の立ち位置を少しでも高く上る必要があるのだと思う。
柔軟性を得るために。
特定の立ち位置にいたとしても、その立ち位置が低ければ遠くを見つめることはできない。
円の反対側は低い位置からは見えない。
辺りを見渡せてこその柔軟性。
円の真ん中を見るためには、きっとまずそこから始めなきゃならない。
全てのものに共通する真ん中。
それを知るために今僕がやるべきことは、自分の特定の立ち位置を少しでも高くすること。
それに尽きる。




e0102806_1794835.jpg




自分の手でやる



きっと僕らは既に色々知っているし、メディアの進歩で多くのことをすぐに知り得る。
「知ること」はおそらくたやすい。
だけど、「感じること」は、やってみなければ得られない。
レイチェル・カーソンの言葉、
「知ることは感じることの半分も重要ではない。」
「知ってる」ではなく、「わかってきた」という感覚が自分の伸びしろをどこまでも伸ばす。
生涯学習。
その上に乗っかれば、人生はまだまだ長く、僕はまだまだ若い。
一度しかない人生。
沢山感じよう。


e0102806_171225.jpg

下処理をして、レバーは牛乳に、ハツは塩水に
e0102806_1711026.jpg

レバーは野菜と炒め、煮込む
e0102806_17111518.jpg

覚まして、ペーストにして、冷凍保存
e0102806_17113726.jpg

ハツはバジルの香りをつけてマリネ

レバーペーストは店でもらうバケットの端っこと食す。笑



ここら辺で、4月前半を終わります。
また、後半に。
では…
by keita-net6086 | 2012-04-17 17:20

0円展

e0102806_15123865.jpg


僕たちピエロの筆が今年の一月からおよそ一年間を費やした企画であり、
ピエロの筆初の展覧会である「0円展」がいよいよ目前に迫っています。

東高円寺にある我が家は今やピエロの筆のアトリエと化し、
仲間が仕事終わりや休日など、毎日のようにアトリエに訪れ制作に励んでいます。

仲間には絵描き、判子作家、花屋、漫画家志望のサラリーマンなどがいますが、
東高円寺のアトリエに一歩足を踏み入れた瞬間、それらの肩書きは無と化します。

みんな服は着ていますが、真っ裸です。
何も隠すことの出来ない、純粋な力が試される空間がここにはあるのです。
会社も、肩書きも、誰も僕たちを守ってはくれません。

そういうと、とても厳しい空間に感じられるかもしれませんが、
これはあくまで遊びなのです。
人生をかけた遊びであり、裸になった猿の挑戦なのです。
僕たちは本気で遊び、挑戦しつづけます。

ジャンルを越えて、ただモノを見つめ、それらの良さを最大限引き出し、つくる。
そうしてつくられたもの達は絶対に嘘をつきません。
つくられたもの達は僕たちの等身大の像です。

ハッキリ言って、俺たち最高に楽しんでます。
本当にたった一度しかない人生を無駄にしたくないから。
好きなことをやっている毎日がハッピーです。

もし皆さんに足を運んでいただければ、それは僕たちの生きる最高の励みになります。
是非とも僕たちの「0円展」にお越しください!
お待ちしております!

僕は全日とも日中は会場にいるので、お越しの際には直接ご連絡ください。
よろしくお願いします。

ピエロの筆展覧会「0円展
渋谷 ギャラリー LE DECO 2F
12月7日~12日
11:00~19:00(最終日のみ~17:00)
※DMには10:00オープンと記載してありますが11:00オープンですのでご注意ください!

ピエロの筆 HP
by keita-net6086 | 2010-11-24 15:46

Saku Birthday party

2010.6.26   IN 三軒茶屋 ラッコント
e0102806_14232666.jpg

Happy Birtfday Saku!!
e0102806_14231313.jpg

いつもイベントを盛り上げてくれるマジシャンOga!Birthday Magic!!!
e0102806_1423478.jpg


ピエロメンバーのサクピーの誕生会が盛大に行われました。
いや~しかし今回も集まったね~楽しかったね~

幹事のハジ君と二人で結構な人数を集めたもんだ!
来てくれた方々には本当に感謝感謝ですよ。
遠くからも着てくれてありがとうございました!

どんどん人との繋がりが増えて行くので、嬉しいです。
でも、その一つ一つを大切にしてかなきゃなりません。
雑にならないようにね。

今後もイベントやら出展やらがあると思うので、皆様ピエロの筆をよろしくお願いします!

ちなみに、ハジハナが参加するアートイベント「CULTURAL TYPHOON 2010」が今週末駒沢であります!
こちらもどうぞチェックしてみてください!

CULTURAL TYPHOON 2010
[日時]:2010年7月2日(金)、3日(土)、4日(日)
[場所]:駒澤大学深沢キャンパス
[web]:http://cultural-typhoon.com/


それでは!


ちなみにPhotoWorksも更新しました!
よろしくです!
http://kphotonet.exblog.jp/

by keita-net6086 | 2010-06-28 14:34

ぜひぜひぜひ!

e0102806_21452326.jpg

e0102806_21454999.jpg

e0102806_2146631.jpg


ぼくらはみどりにおそわれた

「私たちはこんなにも世界を満たし、こんなに世界を豊かにしているのに、
なぜ赤や青や黄色なんだ!白や黒なんだ!今に見ていろ、痛い目にあうぞ。」

おそわれた、おそわれた、ぼくらはみどりにおそわれた。

みどりは怒っている。その怒りは到底ぼくらの力が及ぶものではなく、
抵抗空しくぼくらの頭の中はみどりに支配されてしまった。
そして、ぼくらは全てのものをみどりにしなくては気が済まなくなった。
そんなぼくらは手始めに行きつけのカフェをみどりにしてしまうことにした。

妥協は許さない。世界をみどりに染めるまで。


「ぼくらはみどりにおそわれた」
2009.10.17 (Sat) @ 原宿 Cafe Noanoa
cafe time 11:00 ~ 17:00 (どなたでもご来店いただけます)
party time 19:00 ~ 22:00 (ホームページでの事前予約制となっております)
ticket : ¥2000 one drink + food
guest : 備前守【アコースティックライブ】
Oga 【マジックショー】
羅久井ハナ【消しゴムハンコ販売】
mini event:ピエロの筆PV完成試写会

ピエロの筆ホームページ
http://pieronofude.web.fc2.com/

by keita-net6086 | 2009-09-18 21:47

みどりの逆襲

e0102806_12521064.jpg



おそわれた

おそわれた

ぼくらはみどりにおそわれた




2009.10.17(sat) 11:00~
「みどりの逆襲(仮)in Cafe Noanoa」 presented by ピエロの筆
ピエロの筆とカフェ・ノアノアによる一日限定カフェ

※詳細はまた後日告知いたします。
by keita-net6086 | 2009-08-31 12:59

さいごです。

いよいよ、四年間の集大成といいますか。
さいごです。
時が流れるのは早い。
入部した当時を思い出しますね。
気合入れて行きましょう。
是非足を運んでみてください。

「ヤキタテノカオリ展」
青山学院大学写真研究部 卒業展示
ギャラリーコンシール渋谷
http://www.renovationplanning.co.jp/gallery_conceal/shibuya4f/index.html

3/15~3/21  11:00~23:00
          ※15 15:00~19:00
           21 11:00~18:00

e0102806_081686.jpg


e0102806_083762.jpg

by keita-net6086 | 2009-02-07 00:11

美術部展示会

「AOVI展」
4/30~5/6 11:00~18:30(最終日~17:00)
at アートギャラリー道玄坂
http://www.artshibuya.com/

是非おこしください。


そういや忘れてました。
四国のデジカメ写真。
数枚ずつね
e0102806_2332996.jpg

e0102806_2334320.jpg

e0102806_2335518.jpg

by keita-net6086 | 2007-04-30 23:04