2012年10月31日(10月後半)

e0102806_1473299.jpg


気温が本格的に秋ですね。
半袖はもう滅多に着ません。
長袖でも肌寒く、上に羽織るものが絶対に必要です。
体調を崩している友人が多いので、
僕も栄養のあるものを沢山食べて、
これからの大事な時期、乗り越えていきたいと思います。
10月後半は大きな変化のある時でした。
内的な変化です。
内的な変化に伴って、僕はどんどん環境を変えていきたい意識に駆られています。
まだ、その思いを総括できていません。
今は、今思うことを綴るのみです。
2012年、10月後半の更新です。



e0102806_1481132.jpg








友達が突然いなくなってしまった。
初めての経験だ。
まだ整理がついていない。
整理なんてつけてはいけないのかもしれない。
僕は一生この問題と立ち向かわなくてはならないのかもしれない。
先送りしたいことが沢山ある。
そう思うたびに僕の前に立ちはだかる

「今」

今はそれと戦うのみだ。



e0102806_14115370.jpg






自分のしたいことがわかる



ピエロの筆のメンバーの羅久井ハナコラムにこんな一節があった。
「机と椅子、苦労してやっと整理された、大きな棚、この部屋。自分が自分に、何をしろと言っているのか、わかってしまった。」
この言葉、もの凄く共感できた。
僕はどうもやるべきことが進まないとき、モヤモヤしたとき、
とりあえず自分の道具や部屋を整理する。
そうやって、自分が選択してきたモノたちにふれ、
自分の思うように整理していると、
どんどん自分のしたいことがわかってくる。
部屋の整理が終わった時、
頭の中も整理されていて、
今やるべきこと、
これからやりたいことが、
ちゃんとわかる。
ぼくを取り囲むすべてのものが、
僕自身と呼応しながら、
細々と生きている。



e0102806_1421814.jpg


e0102806_1422326.jpg




卒業制作本格始動



あるとき、僕の中にフッと落ちてきた絵があった。
どうしても描きたい、形にしたいと思った。
それは、降ってきたのか、
それとも自分の内側から釣り上げたのか。
4年間の集大成として、
僕はそれを形作ることにする。
時間や金は惜しまない。
今の僕にできることを全部やってみる。



e0102806_14303899.jpg




マルチ



先日、実家でTVを見ていた時、明石家さんまが若いタレントを相手にこんなことを言っていた。
「タレントとして、あれもこれも何でもやりたいなんて無理やで。」
この言葉の裏にいはきっと、
「下手に何にでも手を出そうとすると失敗するから、とりあえず自分の目の前にある歌や踊りを一生懸命やって、そのプロになりなさい。その部分での自信がないと『マルチ』に活躍することは難しい。」
というあいじょうあるメッセージが込められていると思った。
TV界でバラエティーのプロとされる明石家さんまらしい言葉だと思い、妙に納得してしまった。
確かに、自分の才能を使って長く芸能界で生きていこうとすれば、ある部分でプロとしての自信、そこからくる余裕が無ければ難しいのかもしれない。
もし、あくまで「何でもやりたい」と主張するのであれば、
あらゆる基本的知識と技能、
それ以前に学ぶことに対する柔軟な姿勢が必要不可欠だろう。
それを持ち合わせることこそが、
「マルチ」に活躍できる人の姿かもしれない。

僕の話をすれば、
教師を目指し始めると同時に、
「ある程度何でもできる人間になりたい」
と思うようになった。
それは、漠然と生まれた意識で、何となく教師にはそういった人間が理想的な姿に思えた。
また、教師は全ての経験をありのまま還元できる数少ない職業であることも大きな理由だった。
だから、
「何でも経験すること」「とにかくやってみること」
が僕の中で大きな価値観となった。
まだ、教師になっていない僕だけど、
教育実習等で子どもと触れ合い、話す機会はこれまで多々あった。
その時に、経験的に物事を話せたことは、ことbの説得力に繋がり、十分に効果を発揮した。
「何でもやってみること」からもたらされた物の重要性は、すでに味わうことができている。
しかし、やっぱりそれだけではダメだった。
何か、形に残ったもの、表現できるものに自信がなければ、
感動を与えるには至らない。
内側にある自信がもたらす、外側の輝きがまだ僕には足りない。
その為に、何かのプロになる必要がある。
それが決して、「教育学」のような体系化することを目的化するものでないことは、自分で分かっている。
だからこそ、僕は今夢中になって表現活動に取り組むのかもしれない。






色々思うことがあって、
これから生活に大きな変化が起きそうな今、
何も整理がつかず、
地に足がついていません。
そんな中、本格的に卒業制作に取り組み始めなければ。
やるべきことにお尻を叩かれている状態です。
ワーグナーでも聴いて、
気持ちを奮い立たせて、
なんとか前に進みます。
それではまた、
11月中旬に。
ではでは
by keita-net6086 | 2012-10-31 14:55